フクロウ雑学

ビル屋上からタカが舞う!浜離宮庭園の諏訪流放鷹術

レッドテールホーク

一富士、二鷹、三茄子

鷹は縁起が良い動物とされています。

鷹匠が鷹を飛ばしている姿を見ることが出来る毎年恒例のお正月イベントがあります。それが浜離宮庭園(新橋駅近く)で行われる諏訪流放鷹術(ほうようじゅつ)の実演です。

放鷹術(ほうようじゅつ)
飼いならした鷹を放って野生の鳥獣を捕まえさせるこ猟法を「鷹狩り」「放鷹術」といい、伝統文化のひとつです。

高層ビルからタカが舞う

放鷹術の実演が行われる会場である浜離宮庭園は新橋駅の近くにあります。庭園自体はとても趣深い場所なのですが、周りには高いビルがたくさんあります。

このビルの屋上から鷹匠がタカを庭園まで呼び戻すことがメインイベントになります。

浜離宮庭園の鷹狩り

左の白いビルから、右側に見える鷹匠までタカが飛んできます。

トビに追われるタカ

トビやカラスに追われる場面もありましたが無事戻ってきました。

カラスは強い
猛禽類にも果敢に向かっていくカラスは本当に強い。鷹匠の鷹が飛んだ瞬間にカラスがたくさん集まってきました。

庭園内での実演もある

オオタカのフライト

ビルから呼び戻すことがメインですが、庭園の実演スペース内で訓練方法を実際に見ることが出来ます。

飛んでいるタカは本当にかっこいいです!

間近でタカを見れる

羽根を広げたオオタカ

かっこいいタカたちですが被写体自体は大きいわけではないので、本格的なカメラを持っていないと実演中の撮影は難しいです。

しかし、実演後は観客席の近くまで鷹匠がタカを据えた状態で周ってきてくれます。かなり近くまで来てくれるので携帯電話のカメラ機能でも十分に撮影出来ると思います。

レッドテールホーク

鷹匠にも直接質問したり出来る貴重な時間でもあります。

いかつい顔のオオタカ

鷹匠も伝統的な鷹匠装束を着用していてかっこいいんですよ。

最後に

浜離宮庭園で行われる放鷹術は毎年恒例のお正月イベントです。鳥インフルエンザが流行っている年はやっていませんが、基本的に毎年行われているようです。

一般の人が、タカを飛ばしている鷹匠の姿を見れる機会はあまりありません。お正月に縁起が良いタカを見れるのは良いですね。

愛鳥:くるるのコメント

くるる
くるる
フクロウも縁起イイよ!

放鷹術実演の観覧にお金はかかりませんが、庭園内への入場料はかかります。

▼Nikon D7500で撮影