飼育用品

新品の猛禽用グローブはつるつる滑る?革が手に馴染む方法とは

新調した猛禽用グローブ

猛禽類を飼育する上での必須アイテムのひとつは猛禽用グローブです。(ファルコングローブ)

鋭い爪を持つ猛禽を据える為に必要なアイテムです。ただ、新品のグローブを使用するとある問題が発生します。

新品グローブはつるつる滑る

猛禽用のグローブは爪が食い込まないように革で出来ています。新品のグローブは革も新品なので、手に馴染んでいません。

その状態で据えようとすると、つるつる滑るらしくグローブの上でおっとっと~とホバリング(?)します。

新調したばかりのグローブで据えられたフクロウの顔には不満がにじみ出ています…

新調した猛禽用グローブ

つるつる滑って手首の方まで逃げていきました…

革が手に馴染む方法

購入したばかりの新しいグローブの革はフクロウもかなり乗りにくいようなので、革を手に馴染ませてあげなければいけません。

やはりつるつるの状態よりも、革が飼い主の手に馴染んでいた方がフクロウも乗りやすいです。

つまり必要なのはエイジングです。

まずは猛禽を据えないでグローブだけを手にはめます。

その状態で

グー・パー・グー・パー

手を握ったり開いたりを何度か繰り返すと、それだけでも革が良い感じに伸びて手に馴染みます。

後は使用しながら馴染ませます。

まとめ:新品の革グローブを馴染ませよう

ポイント解説をするアフリカオオコノハズク
[aside type=”boader”]

  • 手に馴染んでいない猛禽用グローブはフクロウが乗りにくい
  • グローブをはめてグー・パーを繰り返す
  • 使用しながら馴染ませる

[/aside]
手に馴染んでいないグローブではフクロウを安定して据えることが出来ません。フクロウにとってもつるつる滑る足場は乗り心地が悪いことでしょう。

早めに手に馴染ませて乗り心地をよくしてあげたいですね。

愛鳥:くるるのコメント

[voice icon=”https://xn--cckqacwx3c7jj8cvo.jp/wp-content/uploads/2017/09/3_300250_1.png” name=”くるる” type=”l  icon_blue big”]刺繍の方が目立ってる![/voice]