飼育方法

フクロウ飼育の初期費用と月々の出費は?アフリカオオコノハズク係留飼育の場合

フクロウの初期費用と飼育費用

フクロウをお迎えしたい時に気になるのが飼い始める時の「初期費用」と「月々の出費」です。

アフリカオオコノハズクの愛鳥くるるをお迎えした時の初期費用と月々の出費を公開します。

フクロウ飼育の初期費用

ポイント解説をするアフリカオオコノハズク

アフリカオオコノハズクを係留飼育(パーチに繋ぐ飼育方法)する場合にかかる初期費用です。

  • 生体代金:470,000円
  • ファルコングローブ:10,000円
  • パーチ:20,000円
  • キャリーバッグ:6,000円
  • リーシュ(自作):100円
  • エサ(1か月分):5,000円
  • 霧吹き(水浴び用):500円
  • キッチンバサミ:1,000円
  • ピンセット(エサ用):300円
  • ペットシート:3,000円

フクロウは飼育用品がすくないので、初めてのお迎えにかかる初期費用はほぼ「生体代金」で決まります。アフリカオオコノハズクを係留飼育する場合は50~60万円程度あれば飼い始めることが可能です。レアな種類のフクロウだと生体代金も高いので初期費用も高くなります。

ジェス・アンクレット・リーシュ(足革と紐)は生体と一緒にあらかじめついてくることが多く、お迎え時では生体とは別途料金が発生することは少ないです。今後メンテナンスで取り換える際には購入する必要があります。

月々の出費

フクロウの飼育にかかる月々の出費は以下の通り。

  • エサ代(5,000~7,000円)
  • ペットシート代(1,000~3,000円)
  • メンテナンス代(0~3,000円)
  • エアコン代(5,000円~10,000円)

出費は主にエサ代

月々にかかる費用は主にヒヨコ・ウズラ・マウス等のエサ代になります。アフリカオオコノハズクの場合だと5千円~7千円です。大型種などエサをたくさん食べる種類はもっとかかります。

メインの食事がヒヨコだと安く、マウスだと高くなります。

汚れ防止のペットシート

フクロウは止まっている場所の下に糞尿を落とすので、パーチの下にペットシートを敷きます。糞尿で床を汚さないようにするためのペットシートは安いもので大丈夫です。1日に1,2回出る盲腸糞と呼ばれる茶色い糞以外はニオイがキツイわけではないので消臭性に優れて値段が高いものを選ぶ必要はありません。安いものをまとめ買いするのがお得です。

ペットシートはイタズラで飲みこまれると危険なので、シートを破いたりする個体には新聞紙のみの方が好ましいです。

新聞紙のみだったらペットシート代もかからないので月々の費用はさらに安いですね。

誤飲の原因
ペットシートを誤飲すると大変危険です。掃除は簡単ですが、飲みこんだ時のリスクが高いことを忘れずに。

メンテナンス代

フクロウの爪切り・嘴切り等のメンテナンス代はお店によって値段設定が異なります。お迎えした店舗でメンテナンスを受ける場合は無料になったり安くなったりすることもあります。

飼う前にどこでメンテナンスを受けるかをあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

エアコン代

部屋の気温が高くなる夏はエアコンを稼働させる必要があります。室温が30度を超えるのは危険です。エアコンを8畳の部屋で24時間フル稼働でも5,000~10,000円程度。

その他出費

ケージ飼いにしたい、フクロウ専用部屋を作りたい、部屋にオシャレなほこが欲しい、性別判定したい、かっこ良い特注のグローブが欲しい等の希望がある場合は必要に応じてそれなりにお金がかかります。

また、万が一フクロウが怪我や体調不良などで病院にかかる場合は数万円規模の出費が必要になります。病院にかかる費用には天井がないので、月々の出費で生活がかつかつという方にはフクロウ等のエキゾチックアニマルの飼育は向いていません。

最後に

喜んでいるアフリカオオコノハズク

フクロウは生体代金は高いですが、飼育用品が少ないので月々にかかる金額自体はそんなに高くないという印象。フクロウに限らずペットは病院にかかり始めたら天井がないので金銭的に余裕を持ってお迎えするのがいいですね。

愛鳥:くるるのコメント

くるる
くるる
さらば、諭吉!