アフコノの特徴

同じ種類でこんなに違う?!フクロウの個体差をアフリカオオコノハズクで比較

アフコノーズ

みんな違ってみんなイイ!

フクロウにも個体差があり、同じ種類のフクロウであっても見た目が違うのです。フクロウの個体差について2羽のアフリカオオコノハズクを並べて比較してみました。

フクロウの個体差

身体の大きさ

アフコノーズ

同じ種類のフクロウであっても個体ごとに平均体重が違います。人間にも小柄な人がいるのと同じですね!体重が変われば、シルエットも変わります。写真のアフリカオオコノハズクたちの体重差は約15g。

フクロウは性別でも大きさに傾向があります。実は2羽とも性別が違ったりするかもしれませんね。(調べてないので性別不明です)

身体の色

色の違うアフリカオオコノハズク

アフリカオオコノハズクはグレーの身体が特徴ですが、個体によって濃いめだったり薄めだったりします。右のフクロウは全体的に濃いめのカラーですが、左のフクロウは薄めで少しベージュがかかっています。

左側のフクロウを後ろから見ると身体の薄さがハッキリわかります。

身体の色が薄いアフリカオオコノハズク

頭の上だけかなり濃いめ。笑

身体の色が薄いアフリカオオコノハズクは瞼のアイシャドウの色も薄めです。

色の薄いアフリカオオコノハズク

身体が濃いめのフクロウは瞼の上にはっきりとした黒色が入っています。

アイシャドウばっちりのアフコノ

同じ種類のフクロウでも身体の色が違うのです。

また、アフリカオオコノハズクはアフリカ北部と南部どちらの血が入っているか(キタアフリカオオコノハズク・ミナミアフリカオオコノハズク)で身体の色に傾向がでます。

関連記事:「キタアフリカオオコノハズク」と「ミナミアフリカオオコノハズク」の違いについて

餌も身体の色に影響
嘴や足の色はエサで変わりやすいですが、身体の色にも影響してくるという噂も。実際はどうなんでしょうね!

模様の入り方

顔周りの模様が異なる

アフリカオオコノハズクといえば顔周りの太い黒線が特徴ですが、ラインの入り方にも個体差が出やすいです。

太かったり細かったり
一定に入っていたり入ってなかったり

個性が出やすいポイントです。

関連記事:アフリカオオコノハズク最大の特徴は顔周りの黒縁フェイスライン

最後に:個体差は個性!

色の違うアフリカオオコノハズク

アフリカオオコノハズク同士で身体の違いを比較してみました!

フクロウ好きでなければ見分けがつかないかもしれませんが、同じ種類のフクロウでもよく見れば全然違います。アフリカオオコノハズクはフクロウの中でも見た目の個体差が分かりやすいですが、他の種類のフクロウたちにも当然個体差はあります。

「個体差」を言い換えるなら「個性」です。一羽一羽の個性を好きでいて欲しいですね。

どうしても理想のフクロウをお迎えしたい場合は、雛からではなく綿毛が抜けて成鳥の姿がある程度分かる子をお迎えした方が良いです。

お迎えしたら、自分の子が理想像になってしまうんですけどね!

関連記事:わたわたの雛を卒業してからフクロウをお迎えして良かった3つのこと

愛鳥:くるるのコメント

くるる
くるる
複数形でアフコノーズ!

「キタ」と「ミナミ」でも外見に傾向あり!
>>>「キタアフリカオオコノハズク」と「ミナミアフリカオオコノハズク」の違いについて