フクロウ雑学

鳥が羽繕いをする意味は?羽根を整える以外にも役割があった!

アフリカオオコノハズクの羽繕い

犬猫が身体を舐めて毛繕いをするように、鳥も嘴を使って身体の羽根を整える「羽繕い(はづくろい)」を行います。鳥にとっての羽繕いは羽根を整えるという役割だけではありません。

実は鳥の健康にも関わる重大な役割があるのです。

鳥のよく行っている「羽繕い(はづくろい)」の役割について紹介します。

羽根(羽弁)を整える

鳥の羽根(正羽)

鳥の羽根は羽軸という芯に羽弁(うべん)という板状のものがついています。羽弁を構成する羽枝(うし)が何らかに引っかかってしまい裂けてしまうことがあります。

もし裂けてしまっても、羽繕いによって羽弁を整えて元通りにすることが出来ます。

関連記事:【鳥の羽根】裂いても元に戻る?!その秘密は構造にあった!

粉・脂を身体につけて身を守る

鳥は羽繕いで粉や脂を身体につけます。

粉や脂を身体につけることで

  • 汚れから身体を守る
  • 水分から身を守る

といった鳥の健康にとって重要な役割があるのです。

粉綿羽(ふんめんう)から出る粉

鳩

鳥は粉綿羽(ふんめんう)という先端が崩れて粉になる羽根を持っています。粉綿羽から出る粉を身体にまぶすことで汚れや水分から身を守ります。

粉綿羽が多い鳥(ハト・サギなど)だと、水浴びをした水中に白い粉が浮かぶことがあります。

尾脂腺(びしせん)から出る脂

フクロウの尾脂腺

尾羽の付け根あたりに尾脂腺(びしせん)という脂を分泌する場所があります。尾脂腺から出た脂を嘴につけて羽繕いすることにより身体に脂を塗ります。

粉綿羽が発達している鳥は尾脂腺からの分泌が少ない傾向にあります。

健康な鳥は撥水性ばつぐん

フクロウの羽根は水をはじく

健康な鳥は脂や粉で身体を守られているので撥水性バツグンです。逆に不健康で粉や脂がついていない羽根は水浴び後でもなかなか乾かない状態になります。

粉綿羽が発達している場合は尾脂腺があまり発達していないことが多く、逆に尾脂腺が発達している場合は粉綿羽が少ない傾向にあります。どちらが発達しているかは鳥の種類によります。

まとめ:羽繕いの役割

アフリカオオコノハズクの羽繕い
  • 羽弁(羽根)を整える
  • 粉や脂で汚れ・水から身を守る

嘴を使っての羽繕いには大切な役割があるのです。どこの部位を羽繕いするかでポーズが変わって見えるのも楽しいですね。

粉が多く出る鳥を飼育する場合は掃除もこまめに行うことが大切です。

関連記事:鳥の脂粉対策まとめ!ペットのいる部屋を清潔にして快適空間を作ろう

愛鳥:くるるのコメント

くるる
くるる
脂たっぷり、粉しょうしょー

羽根の構造を確認!>>>【鳥の羽根】裂いても元に戻る?!その秘密は構造にあった!