飼育用品

【フクロウ飼育用品】ふくろうと暮らすために必須な飼育用品一覧

フクロウの飼育用品

フクロウをお迎えする前にはきちんと飼育用品をそろえなければいけません。

フクロウの飼育用品って何?
何をそろえればお迎え可能?

お迎えを検討したら気になりますよね。

ここではフクロウ飼育に必須な飼育用品を紹介しましょう!

フクロウ飼育用品一覧

パーチ(止まり木)

フクロウのパーチ(止まり木)

パーチはフクロウにとっての家になります。常に安心して止まれる場所です。

係留飼育(フクロウを繋ぐ飼育方法)ではもちろん必須ですが、部屋で放し飼いをする場合でもフクロウが安心して止まれる場所は必要です。

ボウパーチやブロックパーチなどいくつか種類があります。フクロウが止まれるほこを自作する方も多いです。

床好きだと羽根が擦れる
パーチに止まらず床にいる時間が長いとフクロウの羽根が擦れることもしばしば。パーチに止まっていた方が綺麗な羽根を保てます。

アンクレット

フクロウのアンクレット

フクロウの脚に着ける足革。フクロウの脚のサイズに合わしたものを使用します。1年に1回程度交換が必要です。長期間交換していないと革が皮膚に癒着するので注意してください。

足環(ブリーディング個体の認識票)の下にアンクレットがくるようにを取り付けます。完全室内放し飼いの方だとアンクレットを外す場合もあるようですが、基本的には必須です。犬猫でいう首輪みたいなもの。

足環は一番上!
足環とアンクレットの順序が逆になると、足環が足に押し付けられ怪我の原因になります。間違えて装着されている場合は、きちんとした店舗や動物病院で早く取り付け直してください。

ジェス

フクロウのジェス

アンクレットに通して手綱となる部分。革ジェス・ロープジェスがあります。半年に1回交換が必要です。係留するための道具なので、万が一外出中に壊れると大変です。

フライトする個体用に、フライト専用のジェスがあります。

カンガルー革がおすすめ
アンクレットやジェスに使用する革は牛革・カンガルー革が主流です。カンガルー革の方が柔らかくて切れにくいとされています。お値段はカンガルー革の方が高め。交換頻度が少ない飼育用品なので、革ジェスにするならカンガルー革がおすすめ。ダチョウ革なんてのもあるらしい。

リーシュ

鷹匠結び

フクロウを係留する(つなぐ)紐のことで、先ほど紹介したジェスに取り付けます。

登山用ロープで出来ています。「好日山荘」や「モンベル」などの登山専門ショップで登山用ロープを購入し、自分で作成する場合が多いです。フクロウのサイズに合わせてロープの太さ(径)を変えます。

ロープの太さや長さで価格は決まりますが、自作するなら100円/本程度で作れます。安い!

必ず登山用ロープを使用する
一般的な紐だと強度が弱いうえにフクロウが嘴で器用にほどく可能性が高いです。リーシュは必ず登山用ロープで作ったもので鷹匠結びをして使用します。

新聞紙やペットシート

フクロウの足元に新聞紙を敷く

フクロウはトイレのしつけが出来ません。フクロウが止まっている場所の下に新聞紙等を敷いて糞尿の処理をします。ただし糞尿は水っぽく新聞紙に染み込むので、新聞紙の下にさらにマット等を敷くと良いです。

フクロウを自由にすればするほどトイレをする範囲も広がるので掃除が大変になります。

ペットシートの使用について
飲みこむと危険です。吸水性がよくて便利ですがイタズラで裂いてしまう子への使用はくれぐれも気を付けてください。自己責任のもと判断してください。「イタズラかわいい」では済まされない案件。

ファルコングローブ

据えられながら寝るフクロウ

猛禽類を据えるためのグローブ。フクロウは握力が強いのでグローブを使用します。

小型種の場合は爪が引っかからない薄手の手袋で代用できますが、猛禽用のファルコングローブはフクロウを繋ぐためのリングがあるので外に連れ出す場合に結んでおけば安心です。ロスト恐いよ。

利き手とは逆の手にグローブを着用します。右利きの人が多いので左手用のグローブが一般的で種類が豊富です。右手用グローブの方が入手が難しいです。

据え回しの訓練をするなら必須です。1万円程度で購入できます。特注グローブはさすがにもっと高いです。

移動用キャリーバッグ

フクロウのキャリーバッグ

フクロウを移動させる機会は何かとあります。月に1回のメンテナンス(爪切り・嘴切り)でショップへ行く場合や動物病院へ行くときはキャリーバッグが必要です。

目張りがしてあり羽根が挟まるようなスキマがないものが好ましいです。公共機関や車移動をするなら、フクロウが潰れる恐れのないハードキャリーがおすすめです。

▲アフリカオオコノハズク用に使っています

エサ

フクロウのエサを流水解凍

フクロウのエサはヒヨコ・マウス・ウズラです。下処理済のものも販売されていますが基本的に飼い主がハサミで下処理してから与えます。エサの種類が少ないにも関わらず、個体差によっては好き嫌いがあったりします。

何をどれくらい与えるか?
具体的にヒヨコ・マウス・ウズラの何をどのくらい与えているかはみんな話したがらないかなりデリケートな問題。お店や飼い主によって意見が分かれやすいポイントのひとつ。フクロウ業界って閉鎖的だね。

保冷バッグ

フクロウのエサは冷凍のヒヨコ・マウス・ウズラを解凍したものです。ペットショップの店舗でエサを購入する場合は、移動中にエサが溶けないよう保冷バッグに保冷剤と一緒に持ち帰ることが好ましいです。特に夏場は溶けやすいので気をつけてください。

通販で冷凍のままエサが家に届くのであれば無理に保冷バッグを購入しておく必要はないかなと思います。

霧吹き(水浴び用)

水浴びはフクロウにとってのお風呂です。霧吹きでフクロウに水を吹きかけることによって、身体を清潔にすることが出来ます。

水を張った大きめの桶をおいてフクロウ自ら水浴びをさせても大丈夫です。

関連記事:【フクロウの水浴び】霧吹きを所望するアフリカオオコノハズク

まとめ:飼育用品一覧

飼育用品一覧
  • パーチ
  • アンクレット
  • ジェス
  • リーシュ
  • 新聞紙(ペットシート)
  • ファルコングローブ
  • キャリーバッグ
  • エサ(ヒヨコ・マウス・ウズラ)
  • 保冷バッグ

愛鳥:くるるのコメント

くるる
くるる
意外と飼育用品少ないね?!
あわせて読みたい
フクロウの飼い方
【飼い主が教える】フクロウの飼い方|ふくろうの購入から飼育方法まで徹底解説【フクロウの飼育方法】フクロウの飼い方を分かりやすく解説します。購入からお世話の方法までフクロウを飼っている私が紹介します。猛禽類の生体販売しているショップ・メンテナンス方法(爪切り・嘴切り)、水浴びの方法まで。エサを捌いたり大変なこともありますが、とっても可愛い動物です。...