飼育用品

フクロウのハーフ型ボウパーチを綺麗にメンテナンスする方法(塗装・芝・ロープの取り付け)

パーチのロープ先端

フクロウの係留飼育に必須なパーチ(止まり木)

市販のボウパーチは使い込んでくると塗装が剥げていきます。塗装が剥げたパーチは見栄えがよくありません。

係留飼育にとってパーチはフクロウの家。綺麗にしておきたいところです。今回はハーフ型(芝とロープ半々)のボウパーチのメンテナンス方法について紹介します。

準備するもの

ハーフ型のボウパーチ(ロープと人工芝が半々)のメンテナンスに必要なものは以下の通りです。

  • 塗装用スプレー
  • 登山用ロープ
  • 人工芝(芝裏が平たいもの)
  • マスキングテープ等
  • 結束バンド
  • ニッパー(結束バンド切る用)
  • ハサミ(人工芝カット用)
  • 新聞等の敷物

ボウパーチのメンテナンス方法

塗装の禿げたパーチ

使い込んですっかり見栄えの悪くなったハーフ型のボウパーチ。

塗装がかなり剥げてしまいました。これでは飼い主の気分も上がりません。これから綺麗な状態へ復活させていきます。

ロープや芝を外す

パーチの結束バンドを切る

ボウパーチに付いている芝とロープは結束バンドで固定されています。まずはその結束バンドをニッパーで切ってロープと芝を外します。

今回はロープやフクロウが遊ぶんでボロボロになった芝も新規一転交換することにします。

ロープや芝を変えない場合はこの工程は飛ばしてもよし。

パーチを洗う

塗装し直す前にパーチの汚れをブラシ等を使用し洗い落します。この時にしっかり洗わないと汚れごとコーティングされるので要注意!洗浄後は水分が残らないように乾かします。

マスキング

パーチの塗装前はマスキング

塗装したくない箇所にマスキングをします。今回はロープと人工芝の両方を取り換えるので、リーシュを繋ぐ金属の輪っか部分に新聞紙を巻きました。

ロープと人工芝をつけたまま塗装する場合は新聞紙等でマスキングをします。

塗装

パーチの塗装

準備が済んだら、いよいよ塗装開始です。外に新聞紙を敷きパーチを載せて塗装開始!市販の塗装用スプレーが簡単です。

パーチの裏側も塗装が剥げていたので、裏側もスプレーで塗装しました。

パーチの塗装

塗料の香りが残るとフクロウの身体に良くないので、しっかりと乾燥させます。

マスクをして作業した方が良いですね。当然フクロウは作業場より遠くへ避難。

人工芝とロープの取り付け

ハーフ型のボウパーチは半分がロープでそのロープの先は人工芝と一緒に結束バンドで縛られています。

パーチの芝とロープは一緒に固定

まずは人工芝とロープの先端を一緒に結束バンドで巻いて固定します(4箇所程度)

パーチに芝を取り付ける

人工芝の固定が終わったらロープを巻き始めます。

人工芝先端(パーチの中央側)からぐるぐると巻いていきます。スキマが開かないようにきつく巻いていき、端っこを結束バンドで2箇所留めます。ロープ先端は切って火で軽く炙っておきます。

パーチのロープ先端

完成!

塗装の禿げたパーチ
↑Before

ハーフ型ボウパーチ

↑After
塗装して綺麗になり、人工芝もロープのカラー変更もしました。心機一転、気分も上々です。
メンテナンスをしたボウパーチに留まるフェレット

愛鳥くるるも新しいパーチに嫌がることなくすっかり気に入ったようです。

まとめ:ボウパーチのメンテナンス方法

  1. 人工芝とロープを外す
  2. パーチを洗う
  3. マスキングする
  4. 塗装スプレーをする
  5. 人工芝とロープを取り付ける

以上、ハーフ型ボウパーチのメンテナンス方法でした。パーチが綺麗になると気分も上々になりますね!

愛鳥:くるるのコメント

くるる
くるる
よきかな、よきかな~